引きこもりプロによる暇つぶしのススメ

清楚系美女(引きこもり)が、おうちで出来る暇つぶしを紹介するブログ

【スポンサーリンク】

成功したいなら、”根性論”を捨てるべきかもしれない【引きこもり女の落書き的コラム】

f:id:amusan_hikikomori:20191020143400p:plain

どうも。自宅を愛する陽気な引きこもり、有栖川あむです。
暇を潰すだけの毎日を送っています。

今回の落書き的コラムは、「成功したいなら、まずは”根性論”を捨てるべきかもしれない」というお話しです。

 

根性論が苦手・・・

f:id:amusan_hikikomori:20191020151606j:plain

 「やらない後悔よりやる後悔だ。悩むならやれ!」
「苦難に屈しない精神があれば必ず成功は訪れる!」
「努力をすれば報われる!」
「失敗した時のことを考えるな!」
などとという、根拠のない根性論が苦手です。

現実が見えていない人に向かって、手放しで応援することは”悪”ではないか?とさえ思います。

どれだけ努力をしても無理なものは無理だし、現実を見ずに身の丈に合っていない目標を持つことは危険だと、私は思うのです。

本当は皆、分かっているはずです。

現実では難しいとわかっているから、ヤンキーが甲子園に行ったり、学年最下位の成績を持つ高校生が東大に行ったり、無個性の弱虫がヒーローになったりするストーリーに心惹かれるのです。(もちろん私も大好きです♡)

 

私は決して、「何か新しいことを始めること」自体を否定しているわけではありません。
自身の実力から目を背けた上で、「根性論&成功のイメージ」だけを持って見切り発車で何かを始めることが危険だと思うのです。(;´Д`)

 

f:id:amusan_hikikomori:20191020160749j:plain

また、私はOLとして働いていた時期がありますが、会社でも「モチベーションを上げろ」とか「みんなで頑張って乗り越えよう!!」と根性論を語られる場面が多々ありますよね。日本の企業は、”根性論を第一!”としている企業も多い気がします。

私は毎日思っていました・・・。
「社長の根性論を社員全員で聞くこの1時間、頼むから仕事をさせてくれ!」
「根拠のない根性論を語る暇があったら、無駄な資料作りの廃止を認めてくれ!」

”根性論”を語る時間を捨てると、効率・生産性について考える時間が増えるのではないか?
結果的に目標に近づけるのではないか?とも、私は思うのです。

 

 

成功するために”根性論”を捨てた話

f:id:amusan_hikikomori:20191020152739j:plain

私は、いつも無駄に自慢している通り、20代で投資に成功しました。
(決して、”億万長者”ってわけではありません。”贅沢しなければ労働せずに生活できる”という、身の丈と元金に合わせた目標を達成しただけです。)ちなみにFXと株です。

投資の世界では特に、”根性論”ほど無駄なものはない・・・と私は思います。
むしろ、「努力しても報われない」時も頻繁にある投資の世界では、熱くなれば熱くなるほど損失を増やすことにもなりかねません。

さらに、投資の世界においての「やる後悔」は、「人生の致命傷」になってしまう可能性があります。

FXや株のコミニティに入っていた頃は、余剰資金以上で取引を行って失敗し、生活に支障が出てしまった人を何人も見てきました・・・。
そんな致命傷を負ってしまった人の中には、自分の能力から目を背け、”根性論”や”成功のイメージ”ばかりを語る人が多かったです。

 

私は投資を始める上で、次のことを行いました。

1.根性論を捨てる。

2.自分のレベル(知識量や経験)を踏まえた上で、”失敗する可能性も高い”ということを再認識する。

3.”失敗した時”のイメージを入念に行う。(失敗しても致命傷を避けられるような投資金額や投資方法を考えるなど)

4.身の丈に合った”成功”のイメージを行う。

 

私は、自身の実力ときちんと向き合い、”根性論”を捨てたことで、「身の丈に合った成功」を掴むこともできたのかもしれません。

 

 

自分の身の丈に合ったイメージを

f:id:amusan_hikikomori:20191020152804j:plain

 

”成功”より”失敗”のイメージを入念に!

「どうしてもやってみたい!」という事柄が出来た時、人間って、どうしても”リスク”や”デメリット”から目を背けがちですよね。
何かを新しく始める時って、”成功した場合”よりも、”失敗した場合”のことを念入りに考えるべきだと思うのです。

 

【1】
例えば、「生まれて初めて投資に挑戦しよう」と思った時。

失敗のイメージを持っていなかったら、「自分の総資金や知識量に見合った投資金額」以上をつぎ込み、致命傷を負ってしまいかねません。

逆に、自分の知識量や経験が少ないことを踏まえた上で、失敗のイメージをしっかり持っていれば、”失敗した時に致命傷を避けるにはどうしたらいいか”が自ずと見えてくるはずです。

致命傷を避けることが出来れば、再挑戦することも可能です。
自分の実力としっかり向き合えば、「自分に足りていない知識・勉強するべき事や優先度」も自ずと見えてくると思います。

 

【2】

例えば、お子さんが今高校生で成績はあまり良くないけど、「東大に行きたい!」と言い出したとします。
「頑張れ!!!努力をすれば必ず報われる!」と応援してあげたいですが、それは本当にその子のためになるのでしょうか・・・?

身の丈に合わない大学の受験に挑戦してみること自体は、別に良いと思います。しかし、「東大に受かる」ことだけを目標に毎日努力をして、”失敗する可能性が高いこと”から目を背けていては、失敗してしまった時に大きく精神にダメージを受け、人生の堕落につながってしまう可能性があります。

 

そこで、挑戦を止めるわけではなく、失敗する可能性が高いことを前提とした上で”失敗した時のイメージ”を入念にしておきます。
・実力に見合った大学を滑り止めとして受験しておく。滑り止めの大学に行くことになった場合の未来もしっかりイメージしておく。
・浪人も可能な場合は、最長の浪人期間を決めておく。それでも失敗した場合の行動もイメージしておく。

・・・などなど、上記はあくまで例ですが、選択肢は多数あるはずです。

失敗した時のイメージを入念にしておけば、いざ失敗してしまった時も、心のダメージを最小限に抑え、すぐに次の行動が出来ます。

 

よく根性論として語られる「失敗のイメージをするな!」とか、「挑戦し続けろ!」という言葉は、無責任な言葉だと私は思います。

私の親戚は、大学受験に失敗して絶望し、立ち直るのに2年の浪人期間と8年のニート期間を要しました。
そんなに裕福ではない親戚の家計はボロボロ、うちの父親からもお金を借りていました。
また、8年の空白期間がある上に就職したことがないという経歴なので当然、就職先もかなり制限されたようです。

 

 

身の丈に合った”成功のイメージ”を

f:id:amusan_hikikomori:20191020153233j:plain

【私の元FX仲間の話】

私がFXのコミュニティに入っていた頃、初心者なのにやたらと「俺は5年以内に億トレーダーになる!」と意気込んでいる方がいらっしゃいました。

その方の元金は30万円でした。
30万円を5年で1億円にするには、複利を考慮しても月利10%以上を5年間毎月達成する必要があります。
FXで「月利10%」という数字は、1~2か月なら可能かもしれませんが、一度もマイナスを出さず5年間毎月達成・・・となると、ものすごくレベルの高いプロトレーダーです。テレビ取材レベルだと思います。
達成する人も中にはいらっしゃるかもしれません。でも、そんなことが、初心者の自分に可能だと本気で思いますか?

結局、その方が身の丈に合っていない目標を達成するには「儲けるか全て失うか」というギャンブル的な取引を行う以外になく、FXをはじめて1週間で元金30万円全てを失ってしまったようです。

 

もしも、自分の能力や元金を踏まえた上で、現実的に達成できそうな目標や投資方法を見い出すことが出来ていたら、1億円まではいかなくとも、数百万円の資金を増やすことが出来ていたかもしれません。
さらに、それを継続すれば、20年後、30年後に1億円を達成出来ていたかもしれません。

身の丈に合った目標を達成できた場合、少しずつ目標を遠くにおけばいいのです。

 

 

【私の同級生の話】

私の同級生は、22歳で正社員として就職したばかりの時に急に「私は上京して芸能人になる!」と言い出しました。(本気で)
・歌唱力はカラオケで「上手だね」と言われる程度
・元演劇部だけど、演技力がぬきん出ていたわけでもない
・容姿は”普通に可愛い”程度
・ぽっちゃり(体型を保つ努力をしていない)
・トークが秀でているわけでもない
・・・という、客観的に見て”芸能人になるのは無理だろう”と言える彼女でしたが(酷な言い方ですが)、「挑戦するのに年齢は関係ない!!」「努力すれば夢は叶う!!」というお決まりの根性論に胸を打たれ、勢いで上京してしまいました。
その後、成り行きは聞いていませんが、現在は大人の街で働いているそうです・・・。

 

自分に実力がないことをきちんと理解しておけば、
・まずはボイトレや演技レッスンに通ってみる
・YouTubeやライブ配信、SNSなど金銭的リスクの少ない方法でファンを作る
・芸能人になれなかった時のことを考慮し、正社員での仕事は継続する
などなど、”身の丈に合った挑戦の仕方”を選べたかもしれません。

もしかすると、しっかり働きながらも、リスクを最小限に抑えながら挑戦した結果、「OLの人気配信者がテレビ出演!」なんて、違った未来もあったかもしれません。(わからんけども)

 

”根性論”は人に届けたい時に使うといいかも

f:id:amusan_hikikomori:20191020153321j:plain

ここまで、散々”根性論”を否定してきた私ですが、”根性論”が有効な場面ももちろん存在します。
それは、「目標を達成するためには支援が必要だ」という時です。

熱い想いが感じられる”根性論”に胸を打たれ、「支援してあげたい」と思う時がありますよね。

支援を募りたい時は、”理論や事実”を重視するより”根性論”を熱く語った方が良い場合もあります。

 

例えば、↓このDJ社長(レぺゼン地球)の有名な動画は、「”俺なら出来る”と行動を起こした」など根拠のない根性論を語る場面も多いです。
でも、この動画が一時期話題になった時、「曲を聞いたことないけど、ライブに行ってみようかな」「曲は好みじゃないけどDJ社長を応援したい!」という声が多数上がりました。業界でも胸を打たれた人間がいたでしょう。

元々、普段の下品なレぺゼン地球が大っ好きな私も、不意打ちで胸を打たれました。

よってこれは、”根性論”が有効になった一例だと言えます。(本人はそんなつもりで語ったわけではないかもしれませんが)

www.youtube.com

 

 

さいごに

f:id:amusan_hikikomori:20191020155012j:plain

もちろん、新しいことに挑戦することは素晴らしいことだと思います!
でも、自分の能力を再確認することを忘れないでね!根性論に引っ張られすぎないでねー!

ということが言いたかったのです。

20代の小娘にこんなこと言われたら、腹立ちますよね!私もこの記事を読み返して、「誰や、こんな生意気なこと書いたやつ!」って思いました(怒)
投資でまぁまぁ成功した小娘のたわごとだと思って、大目に見てください。(*´˘`*)♥

以上、引きこもり女の落書きコラムでした。